展示中 企画展

2019年企画展

発見!韓国ドラマ・映画の中の「日本」
-渡来・交流そして軋轢-

李舜臣と帥子旗

2019年7月10日(水)~12月1日(日)
開館時間: 12 :00 ~17:00
会場:高麗博物館展示室
休館日:月曜・火曜 入館料 400円

 

第1次韓流ブームから約20年。
ヘイトデモなどの影響で一時は寂しくなった新大久保の街に第3次韓流ブームが起き、K-popを中心に若い人たちで再び賑わっています。
その浮き沈みの中で、どっこい、韓流ファンはまだ健在。深化しているドラマ・映画などに魅了され、はまり続けています。
当企画展は、韓国ドラマ・映画に頻繁に登場する「日本」がどのように描かれているかを中心に作品を選びました。
古代から近代まで朝鮮半島と日本の間には切っても切り離せない歴史があり、それを背景にした物語が多く生まれています。歴史を学ぶことでドラマ・映画への理解も深まります。
ご来館お待ちしています。

 

⇒チラシ表(PDF) 

⇒チラシ裏(PDF)

2019年高麗博物館展示企画  

発見!韓国ドラマ・映画の中の「日本」
-渡来・交流そして軋轢-

27のドラマ・映画作品を
    3つのカテゴリーに!
Ⅰ 渡来・交流による倭の国づくり<古代>
Ⅱ 大陸支配への秀吉の野望<近世>
Ⅲ 侵略と植民地支配に抗って<近代>

旧作から新作まで  たとえば・・・

朝鮮半島(三国時代)と日本(倭国)の渡来・交流の歴史が描かれている
1992~1993年KBS全50話

 

ミスターサンシャイン tvN 2018年NetFlix 全24話

 
 

 

発見!韓国ドラマ・映画の中の「日本」 -渡来・交流そして軋轢-

講演会(全2回)

■8月3日(土)14:00~16:00
 「韓国ドラマの魅力と社会性」
講 師:朝治 武(あさじ・たけし)
大阪人権博物館館長
終了しました

■10月5日(土)14:00~16:00
「文化」から読み解く韓国/日韓
―韓流の歴史的意義と「嫌韓」
講 師:権容奭(クォン・ヨンソク)
一橋大学法学研究科准教授
(国際・公共政策大学院兼任)

終了しました。

講演会 14:00~16:00
参加費:1,000円(入館料含)
要予約(電話・FAX・メール)

         

詳細はこちら

展示予定 企画展

次回の企画展ご案内 12月4日(水)~2020年5月3日(日)

江戸時代の朝鮮通信使
260年続いた平和の交隣関係

「朝鮮通信使来朝図」(羽川藤永筆、神戸市立博物館蔵)山王祭りの朝鮮通信使行列を描いたものとされている。
「朝鮮通信使に随行する雨森芳洲 正徳元辛卯年朝鮮国之信徒 帰路行列1711年」(高麗美術館蔵)

 

朝鮮通信使とは江戸時代に朝鮮王朝から徳川幕府に派遣された外交使節です。
秀吉の朝鮮侵略を乗り越え日本と朝鮮は国交を回復し、江戸時代の260年間、12回の朝鮮外交使節団の来訪を通して平和な友好関係を持ち続けてきました。これは世界史の中でも稀有な事です。
朝鮮通信使の歴史資料が日本と韓国の民間団体の協力によって2017年ユネスコ世界記憶遺産に登録されました。
この企画展は朝鮮通信使の歴史資料の登録を記念して、雨森芳洲が「誠信の交わり」と説いた朝鮮通信使の実像を知り、今日に問いかける意味を学ぼうとするものです。
朝鮮通信使は21世紀の現代に生きる私たちに両国がめざした誠信外交と相互理解の必要性を改めて問いかけています。
世界記憶遺産の登録は朝鮮通信使の記憶と智恵をどう活用していくかという問いを世界に投げかけています。

 

⇒チラシ表(PDF)

⇒チラシ裏(PDF)

講演会「朝鮮通信使が見た庶民芸能」上映会 & 交流会『江戸時代の朝鮮通信使』

★講演会 2020年3月28日(土)14~16時
  講師:田代和生(たしろかずい)
      慶応大学名誉教授 

★上映会 & 交流会
   第1回:2020年2月22日(土)14~16時
  第2回:2020年4月11日(土)14~16時

 『江戸時代の朝鮮通信使』
    辛 基秀 企画・製作 1979年 48分

  

詳細はこちら


2019年高麗博物館イベント

朝鮮学校の歴史と現状を描く初の長編ドキュメンタリー映画と講演「民族教育と多文化共生社会」

高賛侑監督 映画
「アイたちの学校」
& 前川喜平氏 講演
「民族教育と多文化共生社会」

2019年7月20日(土)
13時開演(12時半開場

四谷区民ホール
前売2000円 当日2500円
(全席自由)
      
終了しました。
後援:新宿区

講演:前川喜平氏

在日コリアンの子どもたちが「ウリハッキョ」と呼ぶ学校。
彼等が自分たちの言葉と文化を学ぶ学校。
その過去と現在を学ぶことができるこの映画を、一人でも多くの日本人に観てもらいたい。
共に未来を生きる者として。
(前川喜平さんの言葉)

講師プロフィール
元文部科学事務次官 現代教育行政研究会代表
福島市と厚木市で自主夜間中学のスタッフを務める

 

詳細はこちら

高麗博物館 第15回
「在日連続講座」

■5月25日(土)14:00~16:30
 参加費:1000円(定員80名)
「サッカーで開く扉ー
 在日Jリーガーとして
 祖国代表選手として

     

講師 安英学(アン ヨンハ)さん      終了しました

■9月7日(土)14:00~16:30 
参加費:1000円(定員80名)
 「”在日・朝鮮・女”から
 朝鮮史の森へ 」

講師 宋連玉(ソン ヨノク)さん    終了しました

詳細はこちら

高麗博物館開館15周年記念
特別頒布『韓国のやきもの』~

ありそうでなかった、 韓国、朝鮮陶磁の通史

先史から近代、土器から青磁・白磁まで
姜敬淑著 山田貞夫翻訳 淡交社

特別価格
2,400円1,000円

販売中