展示中 企画展

2019年企画展

3・1独立運動100年
~東アジアの平和と私たち~

2019年2月6日(水)~6月23日(日)
開館時間: 12 :00 ~17:00
会場:高麗博物館展示室
休館日:月曜・火曜
入館料 400円                      
 

  1919年3月1日、日本の植民地支配に抗し、
朝鮮で
大規模な独立運動が起きました。
各地で「独立宣言書」を読み上げ、「独立万歳」をさけび、あらゆる階層の人たちが参加して、運動は全国各地に広がっていきました。
日本の憲兵警察は
この 「3・1独立運動」を弾圧し,日本は敗戦まで植 民地支配を続け、ほとんどの日本人は政府を支持し ました。
 100年が経過した今日、多くの人が「3・1独立運動」ばかりか、かつて日本が朝鮮半島を植民地にしていたことを知りません。
 朝鮮半島の情勢は今大きく変化し、非核化と朝鮮戦争の終結へと向かっています。「3・1独立運動」100周年に当たり、高麗博物館では韓国の独立記念館、堤岩里の教会などを訪ね、3・1運動について学んできました。当時の報道や女性の活動、堤岩里の虐殺事件、在朝日本人の動き、そしてこの運動が今日の民主化運動、キャンドル革命へ連動していくことなどを展示して東アジアの平和について考えたいと思います。

 写真上:独立宣言後、「万歳」を叫んで行進する女性たち
下:独立宣言書

詳細はこちら

3・1独立運動100年

講演会

■ 3月30日(土)14:00~16:00
「東京2・8宣言と3・1運動」
講師:尹素英(ユン・ソヨン)
韓国独立記念館学術研究チーム長

終了しました

■ 6月8日(土)14:00~16:00
「日本の朝鮮侵略・植民地支配と3・1運動」
講師:加藤圭木
一橋大学大学院准教授

詳細はこちら

ギャラリートーク

■ 4月20日(土)14:00~16:00
「キャンドル革命と3・1運動」
講師:青柳純一(会員・翻訳家)
終了しました

■ 5月18日(土)14:00~16:00
「独立運動のビデオを見る会」
(堤岩里殉国記念館や柳寛順記念館制作)

詳細はこちら

展示予定 企画展

次回の企画展ご案内 6月26日(水)から7月7日(日)

李光平写真展
『「満州」に渡った朝鮮人移民』~写真でたどる記憶と痕跡~

 

⇒チラシ表(PDF)
⇒チラシ裏(PDF)

 

李光平氏記念講演 &連続歴史講座(全2回)
共催 東京外国語大学「李光平写真集」刊行委員会
高麗博物館

 

詳細はこちら

発見!韓国ドラマ・映画の中の「日本」 ー渡来・交流そして軋轢ー  7月10日(水)~12月1日(日) 企画展ご案内         

 

第1次韓流ブームから約20年。
ヘイトデモなどの影響で一時は寂しくなった新大久保の街に第3次韓流ブームが起き、K-popを中心に若い人たちで再び賑わっています。
その浮き沈みの中で、どっこい、韓流ファンはまだ健在。深化しているドラマ・映画などに魅了され、はまり続けています。
当企画展は、韓国ドラマ・映画に頻繁に登場する「日本」がどのように描かれているかを中心に作品を選びました。
古代から近代まで朝鮮半島と日本の間には切っても切り離せない歴史があり、それを背景にした物語が多く生まれています。歴史を学ぶことでドラマ・映画への理解も深まります。
ご来館お待ちしています。


詳細はこちら


2019年高麗博物館イベント

朝鮮学校の歴史と現状を描く初の長編ドキュメンタリー映画と講演「民族教育と多文化共生社会」

高賛侑監督 映画
「アイたちの学校」
& 前川喜平氏 講演
「民族教育と多文化共生社会」

2019年7月20日(土)
13時開演(12時半開場

四谷区民ホール
前売2000円 当日2500円
(全席自由)  要予約 
後援:新宿区

講演:前川喜平氏

在日コリアンの子どもたちが「ウリハッキョ」と呼ぶ学校。
彼等が自分たちの言葉と文化を学ぶ学校。
その過去と現在を学ぶことができるこの映画を、一人でも多くの日本人に観てもらいたい。
共に未来を生きる者として。
(前川喜平さんの言葉)

講師プロフィール
元文部科学事務次官 現代教育行政研究会代表
福島市と厚木市で自主夜間中学のスタッフを務める

 

詳細はこちら

高麗博物館 第15回
「在日連続講座」

■5月25日(土)14:00~16:30
 参加費:1000円(定員80名)
「サッカーで開く扉ー
 在日Jリーガーとして
 祖国代表選手として

講師 安英学(アン ヨンハ)さん

■9月7日(土)14:00~16:30 
参加費:1000円(定員80名)
 「”在日・朝鮮・女”から
 朝鮮史の森へ 」

講師 宋連玉(ソン ヨノク)さん

詳細はこちら

高麗博物館開館15周年記念
特別頒布『韓国のやきもの』~

ありそうでなかった、 韓国、朝鮮陶磁の通史

先史から近代、土器から青磁・白磁まで
姜敬淑著 山田貞夫翻訳 淡交社

特別価格
2,400円1,000円

販売中