展示中 企画展

2018年12月29日~2019年1月4日は年末・年始のため休館となります

ユネスコ世界記憶遺産登録記念
画員たちは,どんな絵を残したか  朝鮮通信使随行画員展

2018年12月5日(水)~2019年2月3日(日)
開館時間: 12:00 ~17:00
会場:高麗博物館展示室
休館日:月曜・火曜

詳細はこちら


展示予定 企画展

次回の企画展ご案内 2月6日(水)から

3・1独立運動100年
~東アジアの平和と私たち~

2019年2月6日(水)~6月23日(日)
開館時間: 12 :00 ~17:00
会場:高麗博物館展示室
休館日:月曜・火曜
入館料 400円

 1919年3月1日、日本の植民地支配に抗し、朝鮮で大規模な独立運動が起きました。各地で「独立宣言書」を読み上げ、「独立万歳」をさけび、あらゆる階層の人たちが参加して、運動は全国各地に広がっていきました。日本の憲兵警察はこの「3・1独立運動」を弾圧し、日本は敗戦まで植民地支配を続け、ほとんどの日本人は政府を支持しました。
100年が経過した今日、多くの人が「3・1独立運動」ばかりか、かつて日本が朝鮮半島を植民地にしていたことを知りません。
朝鮮半島の情勢は今大きく変化し、非核化と朝鮮戦争の終結へと向かっています。「3・1独立運動」100周年に当たり、高麗博物館では韓国の独立記念館、堤岩里の教会などを訪ね、3・1運動について学んできました。当時の報道や女性の活動、堤岩里の虐殺事件、在朝日本人の動き、そしてこの運動が今日の民主化運動、キャンドル革命へ連動していくことなどを展示して東アジアの平和について考えたいと思います。

 

⇒チラシ表(PDF)
⇒チラシ裏(PDF)

高麗博物館 特製絵はがき
発売中

高麗博物館の収蔵品が絵はがきに❗     

ポストカードとしてもOK 額に入れて飾っても素敵!
1枚 100円
3枚 200円
一枚づつ手作りしています

高麗博物館開館15周年記念
特別頒布『韓国のやきもの』~

ありそうでなかった、 韓国、朝鮮陶磁の通史

先史から近代、土器から青磁・白磁まで
姜敬淑著 山田貞夫翻訳 淡交社

特別価格
2,400円1,000円

販売中