展示中 企画展

2020年企画展示

江戸時代の朝鮮通信使
260年続いた平和の交隣関係

「朝鮮通信使来朝図」(羽川藤永筆、神戸市立博物館蔵)山王祭りの朝鮮通信使行列を描いたものとされている。

2019年12月4日(水)~ 2020年5月3日(日)

開館時間: 12 :00 ~17:00

会場:高麗博物館展示室
休館日:月曜・火曜 入館料 400円

 

 江戸時代の朝鮮通信使

260年続いた平和の交隣関係

「朝鮮通信使に随行する雨森芳洲 正德元辛卯年朝鮮国之信徒帰路行列1711年」(高麗美術館蔵)

「朝鮮通信使とは?」の解説から始まり、時代・たどった道・文化交流などさまざまな角度から朝鮮通信使を分かりやすくパネルにして展示しました。
ぜひ、ご覧ください。

 

⇒チラシ表(PDF)

⇒チラシ裏(PDF)

江戸時代の朝鮮通信使ー260年続いた平和の交隣関係

講演会・映画&交流会

■2020年3月28日(土)14:00~16:00
講演会
 「朝鮮通信使が見た庶民芸能」
講 師:田代(たしろ)和生(かずい)
慶応義塾大学名誉教授
参加費:1,000円(入館料含)
要予約(電話・FAX・メール)

 

■第1回:2020年2月22日(土)
■第2回:2020年4月11日(土)
         14:00~16:00
映画& 交流会
 「江戸時代の朝鮮通信使」
辛 基秀 企画・製作 1979年 48分
映画鑑賞後フリートーク
 参加費:500円(入館料含)
要予約(電話・FAX・メール)

      

詳細はこちら

展示予定 企画展

次回の企画展ご案内 2020年5月20日(水)~10月18日(日)

ハンセン病と朝鮮人
-差別を生きぬいて-

写真は強制隔離されたハンセン病患者のなかで問題を起こしたと見なされた方が入れられた療養所内の「監獄」跡です

ハンセン病に関して、現在回復者や回復者家族の方々の裁判など、連日、新聞で報道されているので、ご存知の方も多いかと思います。高麗博物館では来年5月20日から「ハンセン病と朝鮮人 差別を生きぬいて」の展示を行います。この展示では、日本の世論や報道等で見過ごされてきた「在日朝鮮人ハンセン病患者」に焦点をあてて展示を行います。

 講演会予定
金貴粉  国立ハンセン病資料館
福岡安則 埼玉大学名誉教授
黄光男  ハンセン病家族訴訟原告団副団長

 

 
   
 
         

  


2019年高麗博物館イベント

朝鮮学校の歴史と現状を描く初の長編ドキュメンタリー映画と講演「民族教育と多文化共生社会」

高賛侑監督 映画
「アイたちの学校」
& 前川喜平氏 講演
「民族教育と多文化共生社会」

2019年7月20日(土)
13時開演(12時半開場

四谷区民ホール
前売2000円 当日2500円
(全席自由)
      
終了しました。
後援:新宿区

講演:前川喜平氏

在日コリアンの子どもたちが「ウリハッキョ」と呼ぶ学校。
彼等が自分たちの言葉と文化を学ぶ学校。
その過去と現在を学ぶことができるこの映画を、一人でも多くの日本人に観てもらいたい。
共に未来を生きる者として。
(前川喜平さんの言葉)

講師プロフィール
元文部科学事務次官 現代教育行政研究会代表
福島市と厚木市で自主夜間中学のスタッフを務める

 

詳細はこちら

高麗博物館 第15回
「在日連続講座」

■5月25日(土)14:00~16:30
 参加費:1000円(定員80名)
「サッカーで開く扉ー
 在日Jリーガーとして
 祖国代表選手として

     

講師 安英学(アン ヨンハ)さん      終了しました

■9月7日(土)14:00~16:30 
参加費:1000円(定員80名)
 「”在日・朝鮮・女”から
 朝鮮史の森へ 」

講師 宋連玉(ソン ヨノク)さん    終了しました

詳細はこちら

高麗博物館開館15周年記念
特別頒布『韓国のやきもの』~

ありそうでなかった、 韓国、朝鮮陶磁の通史

先史から近代、土器から青磁・白磁まで
姜敬淑著 山田貞夫翻訳 淡交社

特別価格
2,400円1,000円

販売中