2022年 在日連続講座「在日の今を語る」

高麗博物館では、2005年以来、様々な分野で地道に活躍されている在日コリアンの方々をお招きして毎年「在日連続講座」を開催しています。

◆2022年7月16日(土)
14:00〜16:00

「朝鮮新報記者から『週刊金曜日』編集長に
〜在日コリアン、私の生き方〜」


講師 文聖姫さん
かつて朝鮮新報の記者であり、
平壌特派員のご経験もなさっています。
現在は「週刊金曜日」の編集長を
なさっている文聖姫さんは、どんな人生を
歩まれて来たのでしょうか?
平壌でのご経験も交えてのお話しに皆様
ご期待ください!

チラシ⇒

参加費:1000円(含入館料)
会場・オンライン共
要予約

参加申込⇒


◆2022年9月17日(土)
14:00〜16:00

「ヘイトスピーチとヘイトクライム
――両者の連関――
-京都朝鮮第一初級学校襲撃事件から
ウトロ放火事件まで激化するヘイト-」

講師 金尚均(キム・サンギュン)さん
(龍谷大学法学部教授)

プロフィール

1967年 大阪生まれ
1990年 立命館大学法学部卒業
1994年 ボン大学並び立命館大学大学院博士後期課程中退
現職:龍谷大学法学部教授(専門:刑法)
主な著書
『差別表現の法的研究』、『ヘイト・スピーチの法的研究』
『危険社会と刑法』、『ドラッグの刑事規制』、『刑罰論と刑罰正義』