2022高麗博物館企画展 絵本で知ろう!おとなりの国 ~韓国・朝鮮の絵本から パート3~

2022高麗博物館企画展  

絵本で知ろう!おとなりの国  
~韓国・朝鮮の絵本から パート3~

スージー・リー 作 『なみ』(講談社2009年)

2022年9月7日(水)~
2023年1月29日(日)

開館時間:12:00~16:30
休館日:月曜日・火曜日
入館料 400円

このたび、3回目の韓国・朝鮮の絵本企画展を行います。
今や世界の文化の注目の的となっている韓国、世界的な賞を受賞したスージー・リーさんやペク・ヒナさんなどをはじめ、個性豊かな作家たちの絵本を紹介します。在日コリアンの作家や未邦訳の絵本も合わせて約200冊を展示。自由に手にとってみてください。
この絵本展を通して、まだあなたの知らないおとなりの国の文化に触れてみませんか?
―絵本でコリアを知る会―

 

ペク・ヒナ 文・絵 長谷川義史 訳
『あめだま』(ブロンズ新社2018年)
クォン・ジョンセン 文 チョン・スンガク 絵
ピョン・キジャ 訳 『こいぬのうんち』
(平凡社 2000年)
イ・オクベ 文・絵 おおたけきよみ 訳
『非武装地帯に春がくると』(童心社2011年)

 

 


★同時開催:

洪永佑 (ホンヨンウ)さん 原画展
 

洪永佑(ホンヨンウ) 文・絵
『洪吉童(ホンギルトン)』(朝鮮青年社1982年)
洪永佑(ホンヨンウ)  ユンノリ
洪永佑(ホンヨンウ) 馬乗り

 


記念講演会

2022年10月15日(土)14:00~16:00
◆韓国の絵本の30年
~『山になった巨人』リュウ・チェスウから国際アンデルセン賞受賞作家スージー・リーまで~

講師:大竹(おおたけ) 聖(きよ)美(み)さん
(東京純心大学教授・韓国絵本翻訳家)
1969 年、埼玉県生まれ。東京純心大学こども文化学科教授。
日韓文化交流基金訪韓フェローおよび大韓民国政府招聘留学生として 6 年間韓国で学ぶ。博士(教育学・韓国延世大学校)。2004 年に帰国してからは韓国児童文学・絵本の研究と翻訳をしている。訳書に『とらとほしがき』『ママは 100 めんそう』(いずれも光村教育図書)、『非武装地帯に春がくると』(童心社)、『チェクポ おばあちゃんがくれたたいせつなつつみ』(福音館書店)など多数。埼玉県在住。

パク・ジヒ 文・絵、おおたけきよみ 訳
『ぼくが見える?』
(光村教育図書 2021 年)

2022年11月12日(土)14:00~16:00
◆へいわって どんなこと?
~ 子どもたちと考える命と平和 ~

講師:浜田(はまだ) 桂子(けいこ)さん
(絵本作家・画家)

1947 年、埼玉県生まれ。『あやちゃんのうまれたひ』(福音館書店)でデビュー。著書に『てとてとてとて』(福音館書店)、『ぼくのかわいくないいもうと』(ポプラ社)、『どうしよう』(理論社)など多数。
日本・中国・韓国 12 名の作家と連帯し平和絵本シリーズを企画。『へいわってどんなこと?』を3国共同刊行(日本は童心社)。国内外の子ども たちと命と平和を考えるワークショップを行う。日本児童出版美術家連 盟、日本ペンクラブ、日本文藝家協会会員。

浜田桂子 作
『へいわって どんなこと?』
(童心社 2011年)

参加費:1000円(含入館料)  要予約
定 員 : 会場(10/15日、11/12日)20~25名
オンライン
(11/12日のみ)
100名
(満席になり次第受付終了)

 



ギャラリートークとワークショップ
期間中、「絵本でコリアを知る会」のメンバーが自分の担当したパネルに関するギャラリートークをしたり、紙芝居、カルタ、ユンノリ(朝鮮のすごろく)、チマチョゴリの折り紙づくりなど楽しいワークショップをします。
どうぞお楽しみに!
土曜イベントのお知らせ
*各テーマごとにお話したり、読み聞かせをしたりします。
*参加費:入館料のみ
*予定表(各回14:00~)
10/1日(
土) クォン・ユンドクと韓国の絵本
木村誠
10/8日(
土) クォン・ジョンセンと『こいぬのうんち』
かがや浩子
10/22日(土)
 折り紙とユンノリ(朝鮮のすごろく)遊び
かがや浩子
10/29日(
土) 武道テコンドーにかける人生
パク・チョンヒョン
11/5日(土) 和紙で色つけ遊び
青木伸彦
11/19日(土) 未邦訳の韓国絵本の日本語読み聞かせ
キム・ユンスン、ぺ
・ゲソン