2019年 高麗博物館企画展示 3・1独立運動100年を考える

2019年企画展 

3・1独立運動100年を考える
ー東アジアの平和と私たちー

201926日(水)~2019年6月23(日)     

開館時間:12:00~17:00
会場:高麗博物館展示室
休館日:月曜・火曜
入館料:
大人 400円、中高生 200円

1919年3月1日、日本の植民地支配に抗し、朝鮮で大規模な独立運動が起きました。
各地で「独立宣言書」を読み上げ、「独立万歳」をさけび、あらゆる階層の人たちが参加して、運動は全国各地に広がっていきました。日本の憲兵警察はこの「3・1独立運動」を弾圧し、日本は敗戦まで植民地支配を続け、ほとんどの日本人は政府を支持しました。
100年が経過した今日、多くの人が「3・1独立運動」ばかりか、かつて日本が朝鮮半島を
植民地にしていたことを知りません。
高麗博物館では以下の項目で企画展示を行います。

  

写真 上:韓国独記念館 3・1精神像
すぐ上左:韓国・江原道の丘に建つ抗日兵士の像
中:独立運動 デモ隊にこたえる群衆
右:現在の堤岩里殉国記念館

3・1独立運動100年

講演会

                        ■ 3月30日(土)14:00~16:00
「東京2・8宣言と3・1運動」
講師:尹素英(ユン・ソヨン)

韓国独立記念館学術研究チーム長
参加費 1000円(入館料含)
終了しました

■ 6月8日(土)14:00~16:00
「日本の朝鮮侵略・植民地支配と3・1運動」
講師:加藤圭木
一橋大学大学院准教授
        参加費 1000円(入館料含)


ギャラリートーク   

■ 4月20日(土) 14:00~16:00
「キャンドル革命と3・1運動」
講師:青柳純一(会員・翻訳家)
参加費500円(入館料含)
■ 5月18日(土) 14:00~16:00
「独立運動のビデオを見る会」
(堤岩里殉国記念館や柳寛順記念館制作)
参加費500円(入館料含)