2018年企画展示2

2018年企画展示  4月4日(水)から

在日韓国・朝鮮人の戦後
ー語りと写真で見るー

2018年4月4日(水)~7月1日(日) 高麗博物館展示室
入館料 400円

戦後在日朝鮮人は日本の植民地支配から解放され、南北に別れましたがそれぞれに祖国をもちました。朝鮮人・韓国人として歩み始めました。しかし、日本人の朝鮮人・韓国人蔑視・差別は変わりませんでした。本展示はそうした朝鮮・韓国人の姿から多くを学ぶことができると考え、戦後を逞しく生きた6人の姿を写真と語りで構成しました。

 

写真 右:福岡・博多の水上バラック
左:1948年のポスター  写真提供:在日韓人歴史資料館

 


2018年第14回連続在日講座


今回の在日講座は、日本社会に生きる「在日」の人びとの多様な生きざまをつぶさに見て来られた専門家のお話しを伺います。

     会費:1000円(入館料も含む)定員:80人
     会場:高麗博物館
     *要予約

5月12日(土)14時~16時30分

 「戦前の美術作品に描かれた在日朝鮮人の生活」


講師:水野直樹さん
(京都大学名誉教授・立命館大学客員教授)

 

 

 

7月7日(土)14時~16時30分

 「在日朝鮮人とハンセン病」

講師:金貴粉さん
(国立ハンセン病資料館学芸部社会啓発課 主任学芸員)